借金整理の基礎知識

免責不許可事由
debtconsolidationclassroom.com

免責不許可事由

自分ともう一人の人の利益を計画するとき。
目的が債権者を傷つけるためにあるとき。
前、許可された債権者を与える目的で保安を提供するとき、特別利益とそれに返済期間を支払って、そして、それをしてください。
いつ債権者を不利になるために、破産(破産者が破産手続きスタート決定の時に持っていた資産)で地所を隠して、故意にそれを壊して、処分しますか。
そして、無駄とギャンブルのためのお金を借りて、目立って資産を減少させます。
あるいは、債務超過に耐えます。
株と将来投資のために果たした債務。
払うことができなかったものが後退することを隠した債務は明白でしたそして、そうしました。
支払い能力がないとき、信用取引によって資産を得て、著しく不利な状態に関してこれを処分します。
負債の金額について間違った証言をするとき。
間違った法廷(裁判官)を証明するとき。
7年以内に免責声明の前に免責決定を受けるとき。
破産法が決定する破産者の責務を怠るとき。
裁判で許可なしで不在であるとき、たとえ出席するとしても、免責のデートして、声明を拒否してください。

いろいろなアイテムが免責抑制の自由とこのように、そして、本当に一致することを、「免責抑制の自由」は含みます。
それは、多くの優雅なものがある法廷に従い「免責で、実際はされます」。
そして、弁護士とについての話が必要であるものが出るという場合法廷と裁判官によれば標準で異なる場合がある」。
そのうえ、あなたは、明らかに免責のどれででも抑制理由を再編成している(任意清算、特定の調停、個人の市民のリハビリテーション手続き)他の負債を調べなければなりません。

かかる期間・弁護士編手続きの開始

copyright(C)借金整理の基礎知識