借金整理の基礎知識

破産手続の条件
debtconsolidationclassroom.com

破産手続の条件

自己破産は2つのステップに上陸しました。 そして、負債の支払いは最初の間のから免除されました。 そして、負債はゼロになりました。 しかし、第一歩「この破産手続きスタートは、決定でしたか」。 そして、債務者(破産請願者)は裁判所で自身破産申し立てを行いました。
そして、裁判官に「債務超過」で認めさせるならば、「破産手続きスタート決定」は下がるでしょう。

しかし、与えられていた破産手続きスタート決定によってだけから、負債の支払いは免除されません。
そして、第2のステップである「免責許可の決定」を受けたあと、負債の支払いは免除されるだけです。
そして、負債はゼロになります。

簡単に言うと、それはそうです ...。
法廷を持つという決定が認めることが、破産手続き始まりの状態です。
「債務者=は支払い不能です」(債務者には裁判所で支払い能力があると判断したとき、破産手続きスタート決定は落ちません)。

法廷の調査または質問(裁判)によって裁判所で「債務超過」でそれを払うことができるときたとえどんなに多くであろうとも単独で負債を払うことができないと思うとしても認められることなく審査されるならば、「破産手続きスタート決定」は下がりません。

それは、借りたお金を払う協会のメンバーの常識で、再び規則です。
この「破産手続きスタート決定」が与えられるならば、債権者で不利になることは大きいものです。
そして、調査(慎重にそれがそうで、本当に決定をするならば免責許可の決定が与えられることをしばしば分かるので質問(裁判))を、裁判官は行います。

手続きの開始免除になるまでに

copyright(C)借金整理の基礎知識