借金整理の基礎知識

手続きの開始
debtconsolidationclassroom.com

手続きの開始

1:債務者は法廷に自己破産をファイルします。
そして、それはフォーマットによって不足なしで受け入れられます。
そして、法廷は債務者を調査します。

2:我々は自己破産についての記述から「次の1-2ヵ月」で法廷から呼び出しをします。
そして、それは質問(裁判)(いわゆる裁判官)によっていろいろな方向で「負債状況、遺産状況、支払い能力」について尋ねられます。

※弁護士に自己破産を求めるとき、自己破産についての記述を製作したとき、東京地方裁判所の一部の裁判所で、そこの手順は「同日インタビュー」と呼ばれているシステムで、同日中にそれを中で(または3日未満)終えるかもしれません。

3:「支払うことができない」ことが法廷と判断する。
調査(質問(裁判))の結果、「破産手続きスタート決定」は質問(裁判)の日からの数日以内に下がります。

4:「破産手続きスタート決定」が与えられるとき、換価をして恒常的な資産があるならば、破産(法廷が選んだ弁護士)の管理者は債務者に選ばれます。
そして、破産手続きは前に押されます。
しかし、換価をして資産がないとき、それは同時に廃止(同時破産廃止)です。
そして、破産手続きは終わって、「免責許可の決定」(個人の場合、ほとんどは同時に廃止になります)の手順に変わります。

免責不許可事由破産手続の条件

copyright(C)借金整理の基礎知識