借金整理の基礎知識

申し立て後の取り立て
debtconsolidationclassroom.com

申し立て後の取り立て

たとえ任意の破産手続きのどれも終わっていないとしても「自己破産申し立て」を実行するとき、「受理票」は彼を連れて行きます。
そして、それは法廷によって受け入れられました。
そして、コレクションはそこで管理される(FAXによって各々の債権者にこの受理票を送るならば、コレクションは日に止まります)ようになります。

しかし、堕落した金貸しといわゆる高利貸しはこれの後コレクションといやがらせを行うかもしれません。
しかし、「高利貸しは、破産申し立てを知らされた後に、十分な理由なしで支払いを要求してはいけません」ときそれがあるので、それが見た目の違法行為で、「刑事告発、操業停止」とレポートの標的になるかもしれないので、まだ彼らが続けるようであるならば、確かに、不満が「監督行政庁」(財政局)で声明をすると、この行為はそれに話します。

弁護士に手順を求める時でそのほかに、あります。
「それと仕事通知を受け取ります」、債権者のためで、それ(弁護士を頼りにすると思うならば直接それを集めるために最初は来ているものがあることができません)の後コレクション(需要)を行うことが債務者ができないことになっていて、そして、直接、弁護士の各々の債権者に送ります。

自己破産のメリットシステムの迅速化

copyright(C)借金整理の基礎知識